激安の極み乙女
Image by Cool Text: Free Graphics Generator - Edit Image

激安の極み乙女

とにかく激安な情報を日々お伝えします。あなたの明日のお供に。

中国の地下鉄事情

おはようございます!

いつも心に激安を!

激安の極み乙女です。

 

読者の方は200人を超えました。

みなさまいつも、お読みいただきありがとうございます。

 

さて、中国の地下鉄事情。

青島や瀋陽は、地下鉄ができたばかりでピカピカでした。

南京も比較的新しそうです。

f:id:mentalx:20180902171029j:plain

f:id:mentalx:20180902171110j:plain

f:id:mentalx:20180902171153j:plain

ほぼすべての駅が、ホームドアでガラス張りになっており、とても安全でした。

また、地下鉄に乗るためには国鉄の列車同様、X線の持ち物検査を通さなくてはなりません。

これは、何か日本と比較して、良いのかどうか、いろいろと考えてしまう点ですが、

安全といえば、安全。国家にすべて支配されているといえばされている。という感じでしょうか。

f:id:mentalx:20180902171448j:plain

さて、切符ですが、こちらは上海地下鉄の切符。

1回券といって、行先ごとに2元からで、自販機で購入します。

入るときはタッチで入り、出るときに回収されます。

全国の地下鉄がこういう形式になっており、間違えることがないです。

また、上海や北京はカードタイプですが、たしか、瀋陽や南京は丸型のトークンでした。

いろいろお土地柄で、楽しいです。

地下鉄は、昼でも3分に1本やってきて、とても便利で、また待つ時間も短かったです。

いろいろ良い点が中国国内でも発見することができましたが、それは、ちょっとデメリットでもあるような気もします。

 

でも、一番は料金の安さ。2元(34円)から乗れて、しないだと、かかっても5元(85円)。

上海の空港から市内へは7元(119円)と、激安なので、もうこれは使わない手はありません。結構バスは渋滞します。乗るのも、ガイドブックなどで、書かれていないため、乗るのがとても大変なんです。

 

地下鉄は効率よく回るためには、とても良い手段です。しかしながら、持ち物検査で混んでいたりすると、ちょっと困りますが。(北京の北駅で、すんごい列だったことがあります。)

 

中国話、結構、おもしろいんで、機会をみつけて、いろいろ書いていこうと思います。

よろしければお付き合いを。

 

以上、

激安の極み乙女でした。